App & ARTISTS

 
00icon_hanzaki

Hanzaki Toshiaki

半崎信朗

アーティスト、アニメーションディレクター
1981年生まれ。東京芸術大学大学院修了。 在学中に制作したアニメン「Birds(2005)」「Birthday(2007)」が多くのコンペティションで受賞。それをきっかけにフリーランスの映像作家として活動を開始。スタイルは作品ごとに少しずつ異なるが、主に2Dの手描きアニメーションと3Dを用いる。

 
01icon_hayakawa

Takahiro HAYAKAWA

早川貴泰

アーティスト / 映像ディレクター
1979年山形県天童市生まれ。IAMAS修士課程修了。手描きアニメーションとデジタル技術を組み合わせた独自の方法論を用いて有機的な動きの映像作品を制作するとともに、高精細環境でのアニメーション表現の可能性を探求している。
個展「Asian Animism and Animation」( Bangkok Thailand / 主催:国際交流基金 ) をはじめ、国内外での展示・上映、受賞、招待上映、コラボレーション、講演、ワークショップなど多数。2008年に作曲家 安野太郎とともに制作した超高精細アニメーション作品「塵芥集」は世界初の4Kドローイングアニメーションである。2010年、CHEMISTRY 「Period」 music video制作にディレクターとして参加。C-DEPOT所属。
Artist / Image director
Born in Tendo City of Yamagata prefecture in 1979. Finished master’s course at IAMAS. Explored the possibility of animation expression in high-definition environment. Many activities such as receiving awards, showing works and delivering lectures at home and abroad including Japan Media Arts Festival and SIGGRAPH. Other activities include creating hyperresolution 4K drawing animation “Jinkaishu” and music video for
CHEMISTRY “Period”.
<twitter> http://twitter.com/#!/haya_02
<公式サイト> http://takahirohayakawa.com/

 
02icon_shinkai

Shinkai Taketo

新海岳人

1982年生まれ。愛知県立芸術大学卒。 アニメとしての動きは最小限に抑え、会話中心でストーリーが展開する「会話劇アニメーション」シリーズなど、シナリオライティングをベースにおいた映像制作活動を行う。 第8回文化庁メディア芸術祭 アニメーション部門 奨励賞をはじめ受賞多数。「映像作家100人」にも選出されている。 また文筆家としての側面もあり、ブログ「うそ日記」はアメーバブックスより書籍化。
Taketo Shinkai was Born in 1982 and is a graduate of Aichi Prefectural Arts College.
As for Animation his work is at a minimum, He has developed stories that move at the pace of conversation.
Works he has come to call “Conversation Drama”
At the Japanese Agency for Cultural Affairs’ 8th Fine Arts Festival, his Animation “Yume (Dream)” received an Honorable mention in the Animation Division.
Taketo Shinkai also has a writing-side, his blog “Uso Niki” has been published.
<twitter> http://twitter.com/#!/taketoshinkai
<公式サイト> http://taketoshinkai.com/

 
03icon_takeuchi

Takeuchi Taijin

竹内泰人

映像作家
1984年生まれ。武蔵野美術大学 大学院(映像コース)修了 。 立体物を被写体にしたコマ撮りを主に制作し、コマ撮りアニメ「オオカミはブタを食べようと思った。」が、youtubeで再生回数述べ200万回以上を記録した。
同じコマ撮りの手法でOLYMPUS EuropeとキャンペーンCM「PEN Giant」を共同ディレクション・制作
<twitter> http://twitter.com/#!/Takeuchi_Taijin
<公式サイト> http://dokugyunyu.boo.jp/

 
04icon_usami

Usami Takeshi

宇佐美毅

イラストレーター、グラフィックデザイナー、アニメーション作家
1982年生まれ、九州大学大学院芸術工学府博士後期課程修了。立体断面や立体素材を用いたアニメーション、手描きやベクターグラフィクスを用いた商業ア ニメーションを手がける。代表作に「Gluebe」(2006)、「さよなら△またきて□」(2008)。また、PCゲームコンテンツ「ヒッコスポックス」 をディレクションし、「アジアデジタルアート大賞2008」優秀賞などを受賞。
<twitter> http://twitter.com/#!/usa3take4
<公式サイト> http://croq2.blogspot.com/

 
05icon_yamagen

Yamamoto Junichi

山元隼一

映像クリエイター、イラストレーター、3DCGクリエイター
1985年福岡県福岡市生まれ。2009 九州大学芸術工学部画像設計学科卒業。九州大学大学院芸術工学府デザインストラテジー専攻修了予定。ヒューマニズムをメインモティーフとした緻密なオリジナルシナリオを軸に、2Dアニメーション、3DCGアニメーション、実写など様々な手法を使い分け、映像制作を行う。代表作に「memory」他。BACA-JA2009 最優秀作品賞など、国内外での受賞・上映など多数。NHKワンセグドラマ「僕がセレブと結婚した方法」アニメーションパート・ディレクター、神戸市の PR アニメーション「神戸と私」ディレクター、CHEMISTRY「Period」 music videoメインアニメーター兼デザイナーなど、幅広い分野での映像作品を手がけている。さらに、NHKデジスタティーンズポストカードイラストや漫画他、映像分野以外での様々な媒体においても活躍の場を広げている。
<twitter> http://twitter.com/#!/yamamotojunichi
<公式サイト> http://falcon-one.net